スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


携帯電話の違約金が不当としNTTドコモとKDDIを提訴 京都のNPO法人(産経新聞)

 携帯電話の割引サービスが適用された2年間の契約期間中に解約した場合、違約金が発生するのは消費者契約法違反として、NPO法人「京都消費者契約ネットワーク」が16日、NTTドコモとKDDIに違約金の廃止を求める訴訟を京都地裁に起した。原告側によると、携電電話の違約金をめぐる訴訟は全国初という。

 訴状によると、NTTドコモの「ひとりでも割50」など2プランとKDDIの「誰でも割」は、2年単位の契約で基本使用料を半額に設定。途中で解約すると9975円の違約金が生じることから「選択の自由を阻害し、消費者契約法に違反」と指摘。契約の自動更新後の解約も違約金が生じ、「契約の拘束が続き、不当性は明確」とした。

 NTTドコモは「プランは利用者に十分説明している」とし、KDDIは「訴状を見ていないのでコメントできない」としている。

【関連記事】
アイフォーン4、米国でも予約でトラブル 注文殺到でシステム障害が発生
「保証人紹介トラブルご注意」 群馬県が呼びかけ
データ通信、割引キャンペーン ソフトバンク、ドコモ対抗
「iPhone4」再び猛威 囲い込みでスキ無し
携帯マルチ放送でドコモvsKDDI
日本のインフラ技術が海外へ飛び出し始めた

進次郎氏「とことんやってほしい」…荒井氏事務所費問題(スポーツ報知)
<民主党>「強い財政」前面に 参院選マニフェスト(毎日新聞)
敬礼してきた小学生殴打、37歳会社員逮捕 静岡・富士(産経新聞)
他施設受診時の取り扱い「まだ混乱」―日医(医療介護CBニュース)
JOGMEC、米リチウム鉱床権益獲得(産経新聞)

<工業団地汚職>愛知県幸田町の元町議に懲役2年6月求刑(毎日新聞)

 愛知県幸田町の工業団地開発を巡る汚職事件で、受託収賄罪に問われた元町議、黒柳広治被告(72)の初公判が4日、名古屋地裁(後藤真知子裁判官)であり、黒柳被告は起訴内容を認めた。検察側は「私腹をこやすためにわいろを要求した」として懲役2年6月、追徴金300万円を求刑。弁護側が「積極的にわいろを要求したことはない」と反論し、執行猶予付きの判決を求めて結審した。判決は16日。

 起訴状によると、黒柳被告は町議だった08年4月下旬、自宅で、西尾市と幸田町にまたがる工業団地内のアクセス道路の市道認定が町議会で議決されるよう開発業者から働きかけを依頼され、見返りとして同年7〜12月に6回に分けて現金計300万円を受け取ったとされる。

 検察側は冒頭陳述で、黒柳被告が業者側に「おれは総務委員長だでな。おれがやらんと議会なんか通らん」などと依頼を承諾した上で、ゼロを意味する拳を示して「これじゃあいかんぞ」と現金を要求したと主張。業者側が「三つでいいかね」と金額を提示すると、黒柳被告が「それでいいわ」と応じたと指摘した。

 弁護側は「(贈賄業者が)わいろの申し込みをして、受け取ったに過ぎない」と主張した。【秋山信一】

【関連ニュース】
工業団地汚職:幸田町議へ贈賄、2被告認める 名古屋地裁
公取委:違反企業の課徴金額が過去最多に
汚職事件:元生駒市長らに賠償命令 山林売買で損害
千歳基地:電気工事で収賄容疑、空自技官を逮捕
訃報:安藤忠恕さん69歳=前宮崎県知事 汚職事件上告中

たちあがれ、公認1人取り消し(産経新聞)
混合診療、先進医療制度と異なる仕組みを(医療介護CBニュース)
岡田外相、菅氏支持を表明(読売新聞)
常用漢字29年ぶり改定へ=パソコン変換普及で−「俺」「鬱」など196字増(時事通信)
<青森・弘前市>「りんご課」を新設 「宝物」に磨きかける(毎日新聞)

JFN配信9月末まで延長 Kiss−FM放送中止を回避(産経新聞)

 民事再生手続き中の兵庫県のFMラジオ局「Kiss−FMKOBE」(神戸市中央区)は27日、同社への番組配信を5月末で打ち切るとしていた全国FM放送協議会(JFN)が、打ち切り期限を9月末まで延長したと発表した。同社は番組の6〜8割をJFNからの配信に頼っており、5月末時点での放送中止はひとまず回避された。

 同社によると、現在、事業譲渡先としてエフエム東京などが名乗りを上げているといい、横山剛社長は「10月1日までには新会社への事業継承を終えたい」としている。JFNは「粉飾決算疑惑などで世間を騒がせた」として4月に同社を除名し、5月末での番組配信打ち切りを通告していた。

【関連記事】
韓国国防省、北朝鮮へのラジオ放送を開始 
トーク飛ばし音楽録音 新型レコーダーで物議
神戸の「Kiss−FM」が“破綻”
「Kiss−FM KOBE」を除名処分 全国FM放送協議会、粉飾決算など指摘
Kiss−FM、6億円粉飾か 旧経営陣に損賠提訴へ
虐待が子供に与える「傷」とは?

普天間、首相に結果責任=平野官房長官(時事通信)
小沢氏との関係…首相「時折、連絡はとっている」(読売新聞)
ネット選挙、夏の参院選からの解禁で最終合意(産経新聞)
新型インフル総括の取りまとめを開始―厚労省会議(医療介護CBニュース)
<覚せい剤取締法違反>川崎信金の秘書室長を逮捕 所持容疑(毎日新聞)

口蹄疫 高速バスに消毒液マット(毎日新聞)

 宮崎県を出発する高速バスでは、口蹄疫(こうていえき)の感染拡大を防ぐため、乗降口に消毒液を染み込ませたマットを敷いて乗客に協力を呼びかけている。JR九州バスでは22日から、西日本鉄道でも25日からスタートした。

 宮崎市のJR宮崎駅前のバス乗り場では、運転手が乗客に「マットをよく踏んで乗車してください」と呼び掛けた。福岡市に仕事へ向かうという男性会社員(29)は「バスにまで消毒マットが敷かれるのを見るのは初めて。非常に厳重だが感染拡大を防ぐためには重要なこと」と話した。

 宮崎交通と九州産交バスも26日から始める予定だ。【中村清雅】

【関連ニュース】
口蹄疫:鹿児島県が種牛を離島に分散避難
口蹄疫:種牛殺処分に6000人が「助命」署名
口蹄疫:義援金名目で寄付要求 詐欺未遂で宮崎県警捜査
口蹄疫:国は種牛49頭延命認めず 地元、受け入れず
口蹄疫:家畜の清浄性検査を開始…宮崎・えびの市

<郵政改革法案>衆院で審議入り 5野党は本会議に欠席(毎日新聞)
京極夏彦さん 新刊小説「死ねばいいのに」を電子書籍化(毎日新聞)
小2女児刺した女は元看護師、父は「えらいことしてくれた」(産経新聞)
普天間問題 小沢氏「政府の発信はどうなのかな」(産経新聞)
不思議な鏡、清水久和展がIDEE3店舗で同時開催中(Business Media 誠)

大胆な財政出動方針、国民新が公約原案(読売新聞)

 国民新党の参院選の公約原案が11日、明らかになった。

 経済財政運営について、「今後5年間で100兆円規模の財政・金融政策を実現し、経済活性化と税収増による財政健全化を図る」と打ち出し、大胆な財政出動を行う方針を示した。

 経済活性化策として、就職活動支援のための「若者就職基金」、非正規社員の正規採用を後押しする「正規雇用転換奨励金」の創設を明記。年間3兆円程度の「いきいき地方復活交付金制度」新設も盛り込んだ。

 「本格保守」(真の保守政治の確立)をキャッチフレーズに、永住外国人への地方選挙権付与と夫婦別姓制度に反対する方針も掲げた。

韓国艦沈没、米含め緊密連携し対応…日韓外相(読売新聞)
毎日動画アワード 大賞に北海道の長瀬芳伸さん(毎日新聞)
<器物損壊>成田空港の予定地で看板壊す 容疑の60歳逮捕(毎日新聞)
大阪市三セク元所長を逮捕へ 回数券2億円相当不足で横領容疑(産経新聞)
<廃タイル違法処分>弁護士事務所など家宅捜索 岐阜県警(毎日新聞)

参院選対策?小泉さんまねた?首相訪問に困惑(読売新聞)

 沖縄の米軍普天間飛行場移設問題の「5月末決着」まで1か月を切り、鳩山首相が乾坤一擲(けんこんいってき)の沖縄初訪問に踏み切った。

 「最低でも県外」とぶち上げて県民の期待をあおったことを平謝りすることで、公式に「県内移設」へカジを切ろうと狙ったものだ。だが、ようやく現地入りしても、首相から具体的な移設案の説明はなく、沖縄の怒りと失望は一段と深まった。

 ◆おわび行脚◆

 4日午後、米軍普天間飛行場に隣接する宜野湾市の普天間第二小学校で開かれた鳩山首相と沖縄県民の対話集会。

 「沖縄の皆さんに負担をお願いしなければならない状況であることを改めて申し上げなければならない。本当につらいことですが」

 約1時間10分に及ぶ集会が終わりに近づき、首相が締めくくりのあいさつを始めると、それまで静かだった会場からヤジが飛んだ。

 「公約を守ってください。これ以上、我慢できません」。これをきっかけに会場はざわつき、首相はヤジにさらされた。首相は「これが第1回目の対話。もう来るな、と言われるかもしれませんが、皆さんの気持ちをさらに学ぶ機会をいただきたい」と低姿勢を貫いた。首相が去る際、参加者からは拍手一つ起きず、冷ややかなムードで終わった。

 沖縄では、4月25日に仲井真弘多(ひろかず)知事ら全自治体の首長らが出席し、大規模な「県内移設反対」の県民大会が開かれたばかりだった。直後に首相が正反対の案を携えて乗り込めば、火に油を注ぐのは明白だった。首相周辺は「体を張って止めようとしたが、どうしようもなかった」と打ち明ける。

 それでも首相があえて沖縄入りに踏み切ったのは、自らが期限を切った「5月末決着」に向け、「成算があるわけではないが、とにかく乗り込んで謝罪し、局面を打開しようという気持ち」(周辺)からだった。

 昨年9月の首相就任後、一度も沖縄を訪問していないという野党の批判をかわすと同時に、「地元の合意」を重視する米側にも努力の跡を示す必要があった。

 首相は昨年12月15日、現行計画の名護市辺野古以外を候補地とする方針を表明。その後、平野官房長官が中心となって候補地を模索したが、米国、沖縄、社民党の3者の理解を得られる「解」を見いだせないまま行き詰まった。さらに、鹿児島県・徳之島でも移設反対集会が開かれるなど、八方ふさがりの状態だった。

 ◆アリバイづくり◆

 だが、首相の「体当たり」が局面打開の決め手になるかどうかは疑わしい。

 「首相の考えていることはだいたいわかる。対話集会を『沖縄と話をした』というアリバイづくりに使われたらたまらない」。対話集会に出席した男性は記者団に怒りをあらわにした。

 今回の訪問では、仲井真知事との会談をはじめ宜野湾市での対話集会までほぼすべて報道陣に公開した。

 このため、「小泉首相の再訪朝の時の対応をまねたのだろう」(政府関係者)との見方が出ている。2004年5月、北朝鮮による拉致問題解決のために再訪朝した小泉首相(当時)が帰国後、報道陣に見せる形で拉致被害者や家族らへの説明会を開催。安否不明の家族らから批判を一身に受けても耐えた姿勢が評価されたことを参考にしたという見方だ。

 また、この時期の首相訪問について、夏の参院選対策だとの指摘も出ている。

 「参院選まで持ち越すと、責任を持った政治にならない。その後に県知事選も控えている」

 宜野湾市内のホテルで基地所在市町村長と会談した首相は「5月末決着」の理由について、こう説明したという。出席した島袋俊夫うるま市長は「(選挙日程を優先させた日程だったことに)あぜんとした。『本当に総理か』とショックを受けた」と批判した。

 (政治部 杉田義文、那覇支局 松浦篤)

20年以降 近畿で72件 消火器「攻撃」悩める教会 (産経新聞)
線路に男性、朝ラッシュ2.3万人影響 大阪市営地下鉄千日前線(産経新聞)
<子育て>専門店開店 母家出・引きこもり経験の男性(毎日新聞)
<平城宮跡>1300人の天平行列 色鮮やかな衣装まとい(毎日新聞)
官房長官、12日鹿児島入り=徳之島関係者と会談−普天間(時事通信)

首相不起訴の是非 検審、月内にも議決(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相の不起訴処分の是非を検討している東京第4検察審査会(検審)が審査を本格化しており、月内にも議決が出る公算が大きくなっている。首相本人の「政治とカネ」問題を民意はどう判断するのか。検審に注目が集まっている。

 東京地検特捜部は昨年12月、勝場啓二被告を在宅起訴にした際、政治資金規正法違反罪で告発された鳩山氏については虚偽記載に関与しておらず、会計責任者の選任・監督については「少なくとも選任について過失はない」として嫌疑不十分で不起訴とした。

 これに対し、告発した市民団体は今年1月、「鳩山氏の事情聴取を行わず、捜査が尽くされたとはいえない」などとして、不起訴処分を不服として検審に審査を申し立てていた。

 関係者によると、検審は今月に入り、捜査を担当した検事から意見聴取するなど審査を本格化。鳩山氏を不起訴にした理由や証拠の内容などについて説明を求めたとみられる。

 また、今月末には審査員11人のうち6人が交代するため、関係者は「事件の重大性を考えても、審査員が入れ替わる前に議決が出される可能性が高い」と指摘している。

【関連記事】
元秘書判決 許されぬ首相の逃げ切り
鳩山首相元秘書に猶予付き有罪判決
永田町への“配慮”優先? 元秘書有罪、異例のスピード決着
鳩山首相のすり替えに違和感 「愚か」と「愚直」
鳩山首相ショック? 内閣&民主の支持率暴落で“退陣方程式”完成か

広島空港もっと使って!知事、台湾でトップセールス(産経新聞)
鳩山首相 志位・共産党委員長と会談 普天間移設問題巡り(毎日新聞)
【党首討論速報】鳩山首相「私は愚かかもしれない」(産経新聞)
石原知事の提訴検討=「帰化」発言めぐり−社民・福島党首(時事通信)
別の強姦2件でも追起訴…時効直前起訴の被告(読売新聞)

消費税率引き上げ、民主に要求…知事会特別委(読売新聞)

 全国知事会の政権公約評価特別委員会の古川康委員長(佐賀県知事)らは15日、都内で民主、自民両党の参院選公約について、両党の政策担当者らと個別に意見交換した。

 知事会側は民主党に対し、消費税率を引き上げ、地方の安定財源となる地方消費税を拡充することを公約に盛り込むよう要求。同党の地域主権・規制改革研究会の玄葉光一郎会長は「鳩山内閣は(衆院議員の)任期中、消費税率は上げないと約束している。次の衆院選で税制抜本改革を掲げて戦う」と述べ、参院選公約では消費税は取り上げない意向を示した。

 永住外国人への地方選挙権付与法案については、民主党が昨年の衆院選政権公約で触れていないことを踏まえ、知事会側が「考え方を公約で示してから、問うべきだ」と注文したが、民主党側は回答しなかった。

 一方、自民党の石破政調会長は、「カネをばらまいても経済は成長しない。成長の原動力として地域をとらえ、具体的な施策を展開したい」と訴え、同党への支持を求めた。

向精神薬、生活保護者に入手させネット転売(読売新聞)
食ってみた「1万円ラーメン」! ついに明かされたそのスープの秘密(産経新聞)
雑記帳 まずはギネス制覇 巨大ユニホームでW杯勝利祈願(毎日新聞)
同居の男を傷害容疑で逮捕=1歳男児変死、虐待認める−大阪府警(時事通信)
四神と十二支壁画完成 奈良・平城宮跡大極殿(産経新聞)

初期診療に対応する「総合医」を提言―国保中央会(医療介護CBニュース)

 国民健康保険中央会は4月19日、同会の「総合医体制整備に関する研究会」(委員長=水野肇・医事評論家)の報告書を公表した。日本の医師の育成が「臓器別の専門医」に偏重しており、体の不調を感じた地域住民がすぐに大病院を受診したり、複数の医療機関をはしご受診したりする問題があると指摘。幅広い症状に対応でき、初期診療を担う「総合医」を育成・普及して、地域住民が最初に受診するかかりつけ医をあらかじめ決めておくことで、こうした問題の解決を図ることが期待されると提言している。

 報告書では、総合医に求められる役割を、▽地域住民によく見られる症状に幅広く対応する▽初期診療に対応し、ほかの専門的な医療機関などを適切に紹介する▽住民・患者と継続的な関係を保つ▽住民・患者の疾病予防や健康づくりを行う―の4つに整理。その上で、地域住民一人一人が最初に受診する総合医をあらかじめ決めておき、ほかの専門医を受診したり、病院に入院したりする場合にはその医師の紹介が必要となる受診行動のイメージを提示した。こうした体制が構築できれば、診療所と病院の連携不足や、病院勤務医の過重労働などの問題を解決できるとの見通しを示している。

 総合医の育成に関しては、専門医の一つとして総合医を位置付け、初期臨床研修後の専門研修で「総合医コース」を選択できる教育・研修システムを早急に確立することを提案。研修に際しては、「医師だけでなくコメディカル、地域の人たち、医療の利用者など多くの人々の協力のもとに実施されることが望ましい」などとしている。


【関連記事】
10年後の総合医数、「少なくとも医師の3割」
報告書の骨子案を提示―へき地保健医療対策検討会
医学教育などで新政権に要望書提出へ―医学部長会議
総合医認定制度の早期創設を
柔道整復療養費、請求方法の統一などを提言―国保中央会

裁判員制度1年 参加意欲は高まらず(産経新聞)
<脳脊髄液減少症>保険診療対象の周知徹底、自治体に通知へ(毎日新聞)
海の生き物あしらい…変わり種こいのぼり(産経新聞)
裸の撮影「虐待ととらえず」=介護老人施設側が会見−宇都宮(時事通信)
築地仲卸組合で30億負債、債務減額申し立て(読売新聞)

普天間5月決着、米大統領に協力求める…首相(読売新聞)

 【ワシントン=小林弘平、小川聡】鳩山首相は12日夜(日本時間13日午前)、核安全サミットの夕食会の席上、オバマ米大統領と非公式に会談した。

 首相は、沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題について、5月末までに決着させるとした日本政府の方針を直接説明し、大統領の協力を求めた。

 会談は、夕食会冒頭の約10分間行われた。会談後の首相の記者団に対する説明によると、首相は「日米同盟は大変大事で、その考えの中で努力している最中だ。ぜひ協力願いたい」と強調。その上で、「沖縄の負担軽減は日米同盟の持続的発展に大切だ」と訴えた。ただ、鹿児島県の徳之島に同飛行場のヘリ部隊の多くを移転させるなどとした日本政府の移設案を具体的には示さなかったという。

 大統領の発言については「申し上げることは出来ない」と明らかにしなかった。

 米側は日本政府の移設案に対し、〈1〉移設先の地元の理解が得られる見通しが立っていない〈2〉海兵隊の運用面でも基準を満たしていない――として、日本側が求めている実務者協議入りには当面応じない方針を伝えている。大統領もこうした方針を踏まえ、慎重な発言にとどめた模様だ。

 首相は記者団に「5月末までに決着する。その思いのもとで努力する。それぞれの立場で移設先をしっかり決めていくことが大事だ」と強調し、「大統領の立場で、関心を持って見ていただけると思う」との期待感を示した。一方で、「米国と接触しないと決着にならない」ともして、米側に交渉促進に向けた働きかけを強めていく意向も示した。

 オバマ大統領は核安全サミットに合わせ、13か国の首脳級と公式に会談する予定だが、唯一の被爆国である日本の首相との公式会談は見送られた。普天間移設問題を巡る大統領の首相に対する不信感の表れとも受け止められている。

<山崎直子飛行士>ISSが日本海上空を通過(毎日新聞)
【風】現役世代、それぞれの思い(産経新聞)
振り込め詐欺で男5人逮捕=被害総額2億円か−大阪府警(時事通信)
奨学金返済「半額」 最長10年の救済措置(産経新聞)
島根女子大生遺棄から5カ月、県警新本部長「捜査難航…第二の犯行は絶対阻止」(産経新聞)

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカード現金化
現金化
クレジットカード現金化 比較
2ショットチャット
無料ホームページ
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
探偵社
selected entries
archives
recent comment
  • 携帯電話の違約金が不当としNTTドコモとKDDIを提訴 京都のNPO法人(産経新聞)
    カドルト (01/11)
  • 携帯電話の違約金が不当としNTTドコモとKDDIを提訴 京都のNPO法人(産経新聞)
    ソルバルウ (01/02)
  • 携帯電話の違約金が不当としNTTドコモとKDDIを提訴 京都のNPO法人(産経新聞)
    晶太郎 (12/19)
  • 携帯電話の違約金が不当としNTTドコモとKDDIを提訴 京都のNPO法人(産経新聞)
    モグモグ (12/16)
  • 携帯電話の違約金が不当としNTTドコモとKDDIを提訴 京都のNPO法人(産経新聞)
    ばきゅら (12/07)
  • 携帯電話の違約金が不当としNTTドコモとKDDIを提訴 京都のNPO法人(産経新聞)
    ちんたまん (12/03)
  • 携帯電話の違約金が不当としNTTドコモとKDDIを提訴 京都のNPO法人(産経新聞)
    ポコラーニャ (11/24)
  • 携帯電話の違約金が不当としNTTドコモとKDDIを提訴 京都のNPO法人(産経新聞)
    ゴリゴリくん (11/15)
  • 携帯電話の違約金が不当としNTTドコモとKDDIを提訴 京都のNPO法人(産経新聞)
    加藤よしはる (11/09)
  • 携帯電話の違約金が不当としNTTドコモとKDDIを提訴 京都のNPO法人(産経新聞)
    土屋浩平 (11/01)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM